<
  ●舞台SHOCKとは? (今更なのでwikiリンク)
概要 2000年公演 2001-02年 2003年 2004年 2005年〜

   ★公 演 日 程★  ★帝劇アクセス★  ★shock座席表★
  ■2008年 Endless SHOCK あらすじ・曲目リスト■
   ☆2008年キャスト一覧&プロフィール☆ 
  ●'08 SHOCK関連新聞・ニュース●   ●帝劇あれこれ
  ♪観劇レポ・感想・情報・Q&A掲示板♪
(一部の経歴等を除きオリジナル文章ですので,転載の場合はトラックバックor一声お願いします

2007年12月13日

SHOCK出演者:大倉忠義君(関ジャニ∞)

okura.jpg 人物クローズUP
<Endless SHOCK 出演者:大倉忠義君> 
 
 Endless SHOCK に初出演が決まった関ジャニ∞の大倉忠義君です。当初、私はいわゆる「ライバル役」に抜擢されたのかと思っていたのですが、どうやら「アキヤマ役」、コウイチのカンパニーがhomeとしている小劇場のオーナー役のようです。"Endless"になってから大きな変化はなかった当ミュージカルも、来年はキャストの大幅変更で、来年は若干異なるものになるかもしれず、それに伴いトーリー設定等に影響出るかも知れませんね。

 アキヤマ役だったら、という想定で書きますが、秋山君はジャニーズでは珍しく2枚目路線を捨て去り(w、舞台のために、光一座長のために今まで大きく貢献してくれていて、舞台に笑いをもたらしてくれてました。事件がなければ来年も、引き続き出演の予定だったかと思います。また、小劇場の2代目オーナーという役も似合っていて、体力的な裏仕事もこなし、劇場オーナー=「アキヤマ」のイメージがファンの記憶の中に浸透しているかと思います。そんな中での新たなキャスト起用は、事務所的にも結構悩んだのではないかと思います。座長も、あまり大倉君のことは知らないと舞台誌で語っています。

 そんな中で大抜擢された大倉君。ジャニーさんは舞台に力を入れている部分もあるし、やはり長く芸能活動をやっていくには舞台でのキャリアは欠かせないものだと思います。心身ともにプレッシャーが大きいと思いますが、頑張って稽古に臨んでいることでしょう。新たな「大倉君」の幕開けですし、自分を成長させる良い機会ですので、明るく頑張ってほしいですね★当方も、「大倉君」、すんごく楽しみにしています★
 
 他のキャストさんについてはあれこれ書いている私も、大倉君は初参加ということであまり知識がありません。以前は関ジャニ∞のコンサートや松竹座舞台にも行っていたし、Dream boysも観ていたんですがキャストが多いのもあってあまり記憶に無く(大汗)、長身で、結構ドスの効いた声が出せるのを「あら意外〜」と思ったのだけは覚えています。大倉君の加入でどんなSHOCKになるのかあまり想像つかないんですが、これまで作り上げられた舞台SHOCKにまた一つ色を加えてくれることを期待します。

<大倉忠義君> 
・・・私の目線による主観的なものも含まれます。
 身長:180cm、体重:63kg。
 1985年(昭和60)5月16日大阪府生まれ、22歳。同年齢では亀梨和也、山下智久、田口淳之介等。
 1997年9月6日、V6の森田剛に憧れてジャニーズ事務所のオーディションを受け、練習生として入所。安田章大、錦戸亮、丸山隆平と同期。
 2002年 関ジャニ∞のラストメンバーとして加入。以前に一度バンドメンバーとしての誘いが社長からあったが断った。それを後悔していた矢先、∞入りの誘いをラストチャンスと捕らえメンバー入り。その後ドラムの猛特訓が始まる。
 2004年 「浪花いろは節」でデビュー。ドラム担当。

 デビュー当時は比較的影が薄かったが、成長とともに身長も伸び、色気が出てきたからか(?)2006年ごろから人気が急上昇グッド(上向き矢印)。2006年後半の∞コンサートでは錦戸亮君に次ぐくらいの歓声・うちわ数があった。半年ぶりに∞コンサーに行き、お客さんの反応の変化にびっくりしたのを覚えています。
 
 彼は、「天然」的な感じで言われていますが、正直管理人はよくわかりません(汗)。 あとは「大食い」「ゆっくり」「内に秘めたやる気」などが思い当たります。ドラムの時は奥に入り浸りだし、あまりMCでも喋るほうではないですね。とりあえず結果が全てですので、劇場で生の彼をご覧になってみてください♪(←無責任ですみません(汗)が、実際そう思うのもカナーリ事実です)

<OA中TVレギュラー(関ジャニ∞として)>
  • おもてなし音楽バラエティ むちゃ∞ブリ!(テレビ東京)
  • 関ジャニ∞のジャニ勉(関西テレビ)

    <舞台出演履歴>
    • Dream Boy (2004年1月帝劇) 
    • Dream Boy(2004年5月梅田:滝沢「滝沢秀明編」「KAT-TUN&関ジャニ∞編」)
    • Hey! Say! Dream Boy (2005年4-5月梅田)
    • Dream Boys (2006年1月帝劇)
    • 滝沢演舞城 (2006年新橋演舞城)
    • その他「関ジャニ∞」のサマースペシャル、クリスマスパーティ等(大阪:松竹座)


    <ドラマ出演等>

    • 怖い日曜日〜2000〜「第10回:記憶からの使者〜よみがえる過去の恐怖!!」(日本テレビ系、2000年9月10日放送。安田と共演)
    • シンデレラになりたい! 鳴海坂凡・鳴海坂剣 (TBS系、2006年3月18日放送)
    • 劇団演技者。「インテリジェンス」 従業員・はじめ君 (フジテレビ系、2006年6月28日〜全4話+特別編)
    • 必殺仕事人2007 からくり屋の源太 (テレビ朝日系、2007年7月7日)
    • 歌姫 神宮寺くん(後のジェームス)(TBS系、2007年10月12日〜)  


    ↓お気に召されましたらポチっとお願いいたします。 

    ジャニーズブログランキング
    posted by penpen1016 at 10:59| Comment(6) | TrackBack(1) | 2008年キャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    大倉の紹介までしていただいてありがとうございます。
    今回のSHOCK出演者の発表と共にものすごく焦りました。
    何かありそうと帝劇枠に申し込んだもののすごい倍率なんだろうと諦めてたんですが友達が店頭に並んでくれてなんとか見れそうです。
    大倉ファンが座長である光一くんに迷惑をかけないように観劇してくれることを望むばかりです。
    今日から始まりましたけど2ヶ月怪我することなく千秋楽を迎えて欲しいですね。
    レポ、楽しみにしております。
    Posted by いろは at 2008年01月06日 21:25
    ご訪問有難うございます☆おっ,たっちょんファンの方ですか!彼のプロフ、ファンの方からしたら至らないと思われ、スミマセン(汗)SHOCK観にいけることになったようで良かったです。初日見てきましたが、すごくたっちょん良かったですよ☆
    冒頭に彼が出て来て,お客さんに「どこから来ましたか」と声をかけるシーンもあって、座長ファンから「あれが大倉君ね」的な、評価するような目線が向けられましたが(←私のすごーい主観な目線ね)大倉くんテンパってカミカミで「あちゃー、相当緊張してるな」なんて思った矢先「(ボク)いっぱいいっぱいデス!」と自分で突っ込んで会場から笑いが。これで観客を味方に付けた感じでしたよ。彼のひたむきでキャワゆいキャラクターがほほえましかったです。お芝居も進むにつれ自然さが戻り、迫真の演技もOKでしたぁ☆全体的なおおざっばな感想でスミマセン。お時間ありましたらまたいらしてくださいませ☆
    Posted by いろは様☆tattypenpen at 2008年01月07日 01:29
    はじめまして。初めてコメントさせていただきます。
    私も、大倉ファンです。
    彼の今回のSHOCK出演。本当に「ちゃんとできるか」(苦笑)すごく不安でした。もう、母親のような心境で祈ってました。
    レポをみて、いつもの大倉らしくて…涙。
    観客の皆様の温かい雰囲気にも涙です。
    私は、2月の下旬に観劇させていただく予定です。SHOCKというお芝居をよく知らないので、こちらでいろいろ「予習」させていただきたいと思います(笑)。
    レポ、本当にありがとうございました。
    Posted by margaret at 2008年01月07日 07:53
    margaret様はじめまして☆ご訪問有難うございます。秋山の代わりに大倉君が出てくれて、舞台に華が添えられた感じがしました。margaret様が涙なら、大倉君も最後かなり涙しておりましたよ〜。お芝居的なものかもしれませんが、私の個人的な考えでは、すごく緊張した舞台の初日にお客さんが暖かく迎えてくれ、カンパニーにも色々助けられ、そして自分も初日を無事クリアできて感慨深かったのかな、って思って見ていました。ご覧になる2月の頃には大倉君、すごく成長しているんじゃないかと思いますし、座長とのアドリブネタなども増えてるんじゃないかと思います。私などのブログでよろしければ、またお時間ありましたら遊びに来てくださいませ☆
    Posted by margaret様☆tattypenpen at 2008年01月07日 18:26
    はじめまして☆
    私は忠義担ですが、毎日こちらに訪問してSHOCKについて色々勉強させてもらっています。

    公演が始まる前、あちこちのブログで忠義&エイターに対して厳しい意見(要求)が飛び交っていたので、とにかく不安で不安で仕方ありませんでした。が、先日初観劇して観た彼は、エイトのカラーをうまく塗り替え、懸命にカンパニーに溶け込もうとしているひたむきな姿でした。光一君ファンの方々からも温かく見守って頂けているようで、思わず涙が溢れ出ました・・。

    歴史ある舞台にずっと関わってこられたスタッフ&ファンの方々からはまだまだ厳しいご意見等ががあるかと思いますが、どうか引き続き温かく見守って頂けますよう。

    そしてどうか千秋楽までの残りの全公演が、事故や怪我なく無事終わりますように☆☆

    最後に私信めいてしまいますが・・全国の忠義担&エイターの皆さん、忠義は本当にものすごく頑張っていますから、どうか安心してくださいねっ!
    Posted by taddy's candy at 2008年02月03日 02:27
    Dear taddy's candy 様☆

     はじめまして。いつも来てくださっているとのこと、有難うございます♪

     >エイトのカラーをうまく塗り替え、懸命にカンパニーに溶け込もうとしているひたむきな姿でした。

     →先日観劇されたんですね。感動、そして安心されたんではないでしょうか。本当、↑のコメント、おっしゃるとおりだと思います(ゥンゥン!)それが皆にも伝わっているからこその、大倉君への暖かい目線だと思います。

     公演も半分が終わりましたが、本当怪我等なく走り抜けていって欲しいですね。

     from tattypenpen
    Posted by tattypenpen☆ taddy's candy様 at 2008年02月04日 01:29
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。

    この記事へのトラックバック

    大倉忠義 ドラム
    Excerpt: 一見華やかそうでも、苦労もある。それをカメラの前や舞台の上では、微塵も気取らせない「精神力」が、大倉忠義をかっこよく見せているのではないでしょうか。モデルといえば、大倉忠義の画嬢を想像しがちですが、顔..
    Weblog: 大倉忠義様の画嬢
    Tracked: 2007-12-29 19:57
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。