<
  ●舞台SHOCKとは? (今更なのでwikiリンク)
概要 2000年公演 2001-02年 2003年 2004年 2005年〜

   ★公 演 日 程★  ★帝劇アクセス★  ★shock座席表★
  ■2008年 Endless SHOCK あらすじ・曲目リスト■
   ☆2008年キャスト一覧&プロフィール☆ 
  ●'08 SHOCK関連新聞・ニュース●   ●帝劇あれこれ
  ♪観劇レポ・感想・情報・Q&A掲示板♪
(一部の経歴等を除きオリジナル文章ですので,転載の場合はトラックバックor一声お願いします

2008年03月02日

町田君WEBに号泣,楽屋のアニソン曲名が判明!!…MADお疲れ!!

●今日、2エントリー目。

●「サンケイスポーツ」に、「日本映画navi」今期号の広告が、表紙とともにカラーで掲載されています。
 

show must go on !

   ショーマストゴーオン!

   シューマツハゴーコン!

   週末は合コン!


  ・・・はぁぁ、週末ですが、最近めっきり行かなくな(ry。
  なんかですね、もっとこう・・・。合コンとかじゃなくて、自然に出会いたいんですよねぇ〜。・・・とか、まだ夢見てるから(ry。

●たいしたことじゃないんですが、MADの楽屋から流れ出てくるアニメソングが何か判明いたしましたね〜♪その歌が、まだ大倉君の耳から離れないという。まさか関ジャニ∞方面からこれの曲名が判明するとわ!!
 ・・・たっちょん&∞er のブロガーさん&私が知りたがってたことを覚えてくれてたYさん、教えてくれて、ホンマに、ホンマにおおきに!! それは・・・

 「エヴァンゲリオン。」

 「残酷な天使のテーゼ」。あぁ、あの曲、画面も含めてインパクトがあるよねぇ。

 「MAD エヴァンゲリオン」と検索したら、無駄に凝ったおもろいモノを見つけたので、ご興味ありましたらこれで聴いてみてください (MAD映像って言葉があるんですねぇ・・)→ 
こちら。

 最近は、スロット?になっているそうですが。私の友人夫婦が、パチスロ好きに加え、アニメも好きという、まさに相乗効果で、相当ハマって通っておりますが、エヴァ機は出ないとか?なにかと熱く語っていたんですが、私が興味ないもので、ちょっと忘れてしまいました。

 その他、
 ・エヴァを知らなかった大倉君。(深夜放送だったし?、本人も小さかったからか?)
 ・村上君が楽屋を訪問しても、影すら残っていなかった大倉君。
 といった内容が話されていたみたいです(もっと色々話してたんだろうけど)。

●町田君WEB:
 まーちん本当にお疲れ!
 Endless SHOCK について書かれています。座長、大倉君、MAD、屋良さんについても書かれています。
 最後、コウイチを抱えていくのがまーちんからタツミに変わって、腰でも痛めたのかと心配しておりましたが。。。

 屋良君のライバル役抜擢について、「羨ましかったし、悔しかった。」

 ・・・(ρ_;) まーちん!!!!!! (ρ_;) ・・・・グスグス

 これって、同じユニットの屋良さんが抜擢されて・・・・、『舞台人・町田慎吾』としての、本音も本音だよね?(;;)
 「コウイチ・LOVE」の役をファンは皆好きでいたけど、やっぱり『舞台人』としても、『コウイチ・LOVE』という意味でも、座長のライバル役って、憧れなんだ・・・、やりたいんだ・・・!
 嗚呼、マーチン・・・。今日はMAお疲れ記事UPの予定でしたが、切なくて書けませんわ・・・。今日は予定を変更して、MADだけで・・・。

●エヴァで気合を入れていたMADお疲れ〜♪
 今年は3年目ということで、台詞も去年よりちょっとだけ増え、売ってもらえたステージフォトも
 1年目:発売されず。
 2年目:各1枚ずつ。
 3年目:各2枚ずつ(しかも2枚目は売り切れ)

 挨拶も、去年は福田君だけで、しかもグダグダだったのにw、座長のイタズラにより今年も笑われて終わったものの、皆しっかりとしゃべれた・?・・ようですね。特に辰巳君の挨拶は感動でした。

 と、確実に出世したMAD。座長からの認識も年々高くなっているし、松崎君なんかは特に可愛がられてるしw、マーチンからも「自分で考えることができる」とお褒めの言葉をいただきました。
 でも、私個人の意見としては、また座長と芝居させてもらえるのなら、来年はもっと前に出してあげてほしいです。
 MADは、去年よりも更にグレードUPしてました。決して大役ではない、その小さな役の範囲内で、収まりきれないくらいに全力で、大きく動いていました(余計なことをしている、って意味じゃないです)。目立たない立ち位置なのに、そこまでやらなくても十分伝わるのに、彼らの気合が、そしてアピールする気持ちが、すべて演技やダンスを通して現れていました。
 あまりインパクトは強くない4人ですが、秘めた強い意志が感じられて、それがかっこよかったです。これまでの彼らの活動がコンサートのバックメインで、舞台に出だしたのは最近の話で。喋る機会が非常に少なかったので、場慣れもしてなくて。そのあたりはこれからの課題だと思いますが、訓練をつめばアドリブとかもこなせるようになると思います。また座長のそばで訓練を積む機会が与えられればなぁ、と思います。
 あ、やたらと絡んでいた、「ヤラとタツミ」。2人の裏設定があるのかないのか、終始不明だったのは残念ですw


☆いつもSHOCKを応援する当ブログへの応援も有難うございました。
Johnnys blog rank

ジャニーズブログランキング


posted by penpen1016 at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Endless SHOCK 総合的なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。