<
  ●舞台SHOCKとは? (今更なのでwikiリンク)
概要 2000年公演 2001-02年 2003年 2004年 2005年〜

   ★公 演 日 程★  ★帝劇アクセス★  ★shock座席表★
  ■2008年 Endless SHOCK あらすじ・曲目リスト■
   ☆2008年キャスト一覧&プロフィール☆ 
  ●'08 SHOCK関連新聞・ニュース●   ●帝劇あれこれ
  ♪観劇レポ・感想・情報・Q&A掲示板♪
(一部の経歴等を除きオリジナル文章ですので,転載の場合はトラックバックor一声お願いします

2008年03月06日

2008 Endless SHOCK 脳内リピート再生<その@の続き>

再び New Horizon。
 
「 I Say Yes 〜るんるん

バックの幕があく!

左にはオオクラ、MAと男性ダンサー
右にはリカと女性ダンサー
大人数でスゴイことに!
それを両手袖からMADが出てきて更に盛り上げる!
 
「胸にたぎるたいよぉ〜るんるん

「ここで交わした きょおの〜 約束がすべて〜るんるん

一緒に手ばたきを軽くしながら 自分も踊れたらなぁ〜、なんて思いながら、ウキウキ鑑賞♪


幕が閉じられる。
 


★劇場のバックステージ(千秋楽にカンパーイ)  

ヤラ「だってオレはパーフェクトだもんぴかぴか(新しい)」  
マチダ「ギャラ ATM 増えるよなっ?」
オオクラ、電卓をたたきながら、電気代どうのこうの。ブツブツブツブツ。
しかし皆、千秋楽に浮き立ち「そんなの関係ねえ〜!」な態度。  
コウイチ、モップ&ヘルメット姿でシャンパンと共に登場  わーい(嬉しい顔)黒ハート  

オオクラ、コウイチに支援を求めようとするが・・・。

オオクラのお尻を小突いて「サーモンみたいな色が良くないんじゃないか?」  
台に上る座長。ヘルメと道具の入ったウエストポーチがなぜかオオクラに渡されるw

 「オオクラさぁん、シャンパーンいただきまぁするんるん

 「いただきまーすexclamation」  

 「千秋楽に・・・・ グッド(上向き矢印) カンパーイ exclamation」 

 「カンパーイexclamation×2」  


  I say Yes !   
今日までのこの マイ・プレジャー♪
  出会えた仲間たちぃ〜♪   

・・・

・・・約束がすべてー  
 かなえられるとぉきぃ〜るんるん



<ここはご自身の目で見たものを、思い出してください。>



先に1人、屋上へ向かうコウイチ。
追うリカ。

指輪を渡せなかったヤラ。
ゴタゴタなやり取りの中、何かを手にしてしまったマチダ。
 「・・・おっexclamation&question」指輪だと気付き、お客さんに高々と披露するマチダ黒ハート

リカはオレに気がある、と、強気マンマンなヤラ。
2人から否定され、怒ってハケていくヤラ。

何も知らずに来てしまった、運の悪いオオクラw
マチダ、ヨネハナに、すべてを押し付けられるオオクラww


★劇場の屋上

それぞれ夢にあふれ、思いを語る素敵なシーンぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
後に起こることをを知っていると、切ないシーンでもありますね。

「俺1人で引っ張っているわけじゃないさ。
みんなの心がひとつになったとき、初めてイイものが作れる。
このまちの中に夢も希望も挫折もある。
おれはどこまでも突き進んでやる。
 限界なんて、いまの俺らにはないんだよ。」

またしても指輪を渡せなかったヤラ。
そんなヤラを「ポンっダッシュ(走り出すさま)わーい(嬉しい顔)」 と励ますオオクラ。そしてヨネハナ。
オオクラとコウイチの間に割って入る、マチダw 

  るんるんきっとー だれもが誰かを愛して (愛して〜)
 いくつもの夢を語り合い (語り合い〜)

 いまこーしてー (こーして)
 美しく〜 輝いているのだろ〜。
 
 ・・・・(中略)  

 さがしつづけよぉ〜るんるん  (N.Y. Night)

 

綺麗なハモリだったですね〜ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

「最近はブロードウェイといっても猫がライオンだったり・・」

「じゃあさんじに公園で。」
「オレの席、コウイチのせいにしてくれよな・・・!」

「バレンタインなだけに、チョコっと待てよ。」(バレンタインネタにしてみました)
 「ヒィ・・・ バッド(下向き矢印) 高い! ・・・コホン。 オーナーな僕からチョコっと提案が・・・」
「ヤラっち、チョコっと待ってよ!」



★ブロードウェイの街

皆を待つ座長。
 
「So Feel It coming」 のスロー・バージョンとともに軽々しく、
楽しそうに踊るコウイチ、キャワキャワかわいい

アンサンブルさん達もさまざまな衣装に身を包み、
いろんな人がいる街、NY(not KY) を表現。
 
みんな、午後3時に登場。どんだけ待たされたって話w
「じゃあ3時に・・・」
「じゃあさんじに・・・」
「じゅうさんじに・・・」
「13時に・・・」

ヤラ、コウイチとリカの間に割って入り、リカとダンス。

  るんるんこの胸をこがす、熱い思い♪  
    この想いを君に  
    しぃって欲しい〜。るんるん

あまり歌詞の意味を聞かないで観ていたんですが、ヤラの思いがこめられているんだね。
 
激しめのテンポから、 忍び寄るような音に変わって、ウェスト・サイド・ストーリーの ケンカシーン。


ナオキが登場。

「おいミンナ、見てみろよ。NY には色んなヤツがいるよな・・・!」  


<各メンバーの様子は、皆さんの見たものを思い出してください♪>



「大空がうつくしーいー♪」

 コウイチが歌いはじめる。

全員で腕を大きく回したりと、体を大きく使います。


 るんるん果てしなく続いてる この道のむこうにー
 いつかーきーみーとー
 ゆく日が来るからぁ〜るんるん (CONTINUE)




そして、コウイチのショーが絶賛★の新聞が・・・!

歓喜の歌が客席中に響き渡る!みなで歓喜の気持ちを、体全体で表現!



  「こーのか が や き 、今日も(?)なんとかーーーー
 Sing & Dance (?) なんとか〜 (肝心なところ、全然わかりませんMM)」







 (わぁ〜グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印) )と、また心が熱くなるシーン。


みな、オンが見えてきたような気持ちになって、喜びいさん。

 


・・・しかし、ここから皆、何かが変わっていく・・・。


ギャラの具合が気になるマチダ。
オレこそは、成功をつかんでやる!なヤラ。
とにかく喜ぶのに忙しいMAD。
皆の気持ちはわかるが、その後の劇場が気になるオオクラ。
そして、自分もやってみたいことがあるオオクラ。
愛するコウイチのおかげと喜ぶリカ。
コウイチ1人のお陰・・・に、プチッむかっ(怒り) ときたヤラ。
・・・冷静に新聞を眺めるコウイチ。  

「お前、on に行って何がやりたいんだ。」

「オレはオレのやり方で、前に進んでいくんだよ!」  

「わかった・・・。でも気をつけろよ。周りが見えなくなったらおしまいだぞ。」


 ブロードウェイには魔物が住んでいる。  
 皆の足元を見えなくする魔物。それがブロードウェイの明かりだ・・・。
 

 ・・・あれから半年 (→ オンに立つのは半年後なんだね)

 後ろに回転する、円形のステージ装置に乗るコウイチ。

 
オレたちは、それぞれの想いをのせてブロードウェイのステージに立っている。
   でも、それが終わりじゃない。ただの始まりなんだ。  

 .....show must go on .....!



うぉー、どうなるんだーーー!


 to be continued.

★お気に召されましたらポチクリお願いします(^^)。



ラベル:Endless SHOCK
posted by penpen1016 at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Endless SHOCK 総合的なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。