<
  ●舞台SHOCKとは? (今更なのでwikiリンク)
概要 2000年公演 2001-02年 2003年 2004年 2005年〜

   ★公 演 日 程★  ★帝劇アクセス★  ★shock座席表★
  ■2008年 Endless SHOCK あらすじ・曲目リスト■
   ☆2008年キャスト一覧&プロフィール☆ 
  ●'08 SHOCK関連新聞・ニュース●   ●帝劇あれこれ
  ♪観劇レポ・感想・情報・Q&A掲示板♪
(一部の経歴等を除きオリジナル文章ですので,転載の場合はトラックバックor一声お願いします

2008年03月09日

POTATO, <2008 Endless SHOCK 脳内リピート再生そのB>

●SHOCKが終わって、はや10日が過ぎました。そして、各出演者も次のお仕事が控えております。それにもかかわらず、まだこのブログに来てくださる方も沢山いらっしゃって、特に常連の読者様からは、いまだに7割以上の方からご訪問いただいてるみたいです(← 貧弱なアクセス解析機能から推察)。改めて今年のSHOCKも素晴らしかったんだと確信するとともに、こちらにもまだ来ていただいて嬉しく思っているしだいです。

●アイドル誌各誌発売となりまして、今日はPOTATOをさらりと。

 ★大倉君表紙&ピンナップ&巻頭、P171「カラアゲ食うとけや」に賛成記事w

 


 ★p 56-59 座長。P.153 に十六茶カフェ記事、P149アイドルテーマパーク等。


 
 1/23の公演中止時のことについても記載されています。一文一文座長の気持ちをかみ締めながら読みました。
 それにしても「20代最後の〜」と名前の上に書いてあるけど、ヘタすりゃ10代・・・(笑)

★P94-95。まーちん&ヨネさん記事。久しぶりのドル誌復帰かと思えば、次のお仕事のメンバー達と一緒の掲載でした。SHOCK話少しと、次舞台話&舞台案内掲載。

★P.114 屋良さん記事。SHOCK話です。ノドについて「なぜかある時期から、ガーッと叫んでも平気になってきた」とのこと。あとは楽屋話(Jr.関連)。



<2008 Endless SHOCK 脳内リピート再生そのB>

【ACT 2】

コウイチの事故で、ショーはストップ。カンパニーもバラバラに・・・。

あれから1年が経過した。

暗いステージ、オケピにはオオクラが1人立っている・・・。

「なぜ、あの時渡した刀が、本物だったんだ・・・・!?」

真剣であることを気付かなかったオオクラは自責の念にさいなまれる。
また、念願だったシェイクスピア劇を残ったカンパニーのメンバーと共に始めるも、お客さんは戻ってこなかった・・・。




ステージが十字架の形に真っ赤に。



イン ザァ セーメェータァーリーーーー

−−ィィ−−



会場中いっぱいに響き渡る音。



闇の中にぃ〜 黒く燃ゆるぅ〜 るんるん


In the cemetery  (←歌詞はこちら)




黒ハートご自身の萌えポインツ思い出しTIME黒ハート>







Someday someday you will get to there もう戻れない〜

cemetery1.JPG


 by stagephoto No. 100.



In the cemetary 〜



十字架に、己の姿をなぞらえてフィニッシュ・・・!


パチパチパチパチ・・・・★






ひょぉぉぉおぉ〜台風曇り曇り (←冷たい風の音ね♪)


暗闇で、オオクラ

「オレはどうすればいいんだ・・・。
 なぁ、コウイチ戻ってきてくれよ・・・
 戻ってもう一度オレと一緒にステージに立ってくれよぉ、


  コウイチぃ !!!」





★劇中劇に突入。(台詞は全部書かれているわけではありません)

「極悪非道な人殺しに復讐せよ・・・!」


オオクラ 「父上・・・?」

コウイチが、ハムレットの亡き父の姿になって、頭上に現れた。




オオクラ
 「裏切り者には死を、その胸に剣を・・・!」

コウイチ
 「この世は雑草ののびるままに任せた、荒れ放題の庭・・・・」



コウイチ、下から

 「時間はわずかしかない。そなたが父を愛していると言うのなら、悪役非道な人殺しへの恨みをはらしくれぇ・・・!」

オオクラ
 「人殺し?」


コウイチ
「そうだ、オマエのことだ・・・。


 仮面をゆっくり外す。 声が落ち着いた風に変わって・・・・



 ・・・だが、オマエが殺したはずのおれは生きている。」


おののくオオクラ。

「コウイチ・・・!」


コウイチに追いかけられ、つかまり、さいなまれるオオクラ。



ビィーーーン という音と共に

コウイチが、ころっと豹変。ハムレットに。


空を仰ぐ。

正義感にあふれるものの、まだ純粋そうな美青年のハムレット。

コウイチ
「満点の星よ!大地よ!オレをしっかり支えてくれ。この身を忘れるなよと、 ・・・ああ、忘れるもんか。この狂った頭に記憶が残っている限り・・!」


オオクラ
「明日からは、凶器という衣装にこの身をを包み

裏切り者には死を・・・」


コウイチ
「・・・そのとおりだ、裏切りモノには死を。」

オオクラ
「違う・・・ 違う!あれは事故だったんだ!許してくれよ、・・・コウイチ!」

コウイチ
「生か、死か、それが問題だ・・・。 どちらが男らしい生き方か。このままじっと我慢して、忍耐の日々を送るのと、復讐という絶望的な行動に走るのと、いったいどちらが・・・?


・・・できれば、このまま永遠の眠りについてしまいたい・・・!

いや、眠れば夢を見る。恐ろしい悪夢に悩まされる。眠りにおびえる俺、なんというな避けない魂の持ち主なんだ!この汚らわしい身体、ドロドロに溶けてしまえばいい!」




コウイチ・オオクラ、離れている距離からお互いを向き合い、目を合わせる。

2人
「立派な父上だった。」



オオクラ
「その父上に比べれば、叔父は悪魔。裏切り者は叔父・・・!


  ハッ・・! として・・・


 ・・・裏切り者?裏切り者が、コノカンパニーの中に?!


コウイチ、待ってくれよ! ・・・コウイチィ〜!」


しかし、コウイチは振り向かず、去ってしまう。





★ヤラ、リチャードIII世に扮して、登場。

 ヤラ君の熱演が光ったシーンでした。そして、シェイクスピアという名作の劇中劇の中に、SHOCKストーリーの出演者の心理をうまくリンクさせていることにも関心してしまいます。

  が、じかんの関係(?)で、ちょっとスピードUPしますたらーっ(汗)

・コンプレックスの塊だったリチャード。そのコンプレックスを彼に与えた世の中に対する鬱憤。もともと野心家だったところにそんな心情もあわせもち、卑劣な行為を繰り返して王になったリチャード。
・アン(リカ)に自分を殺してくれ、と言うリチャード(ヤラ)。

コウイチ
「オモイオコスガイイ!私を刺したあの日のことを、絶望して死ねェ、明日はお前の魂の上に重くのしかかってやる。絶望してしねぇ・・・!!」

オオクラ「やめろ、やめてくれよ・・・!」

 ・・・お前の謀略を受けた我々の呪いを受け、お前の犯した罪の恐ろしさに、震え上がりながら死ねェェ〜! その身には血生臭い死のみ現れるがいい!」

ヤラ
 「馬だ、馬をくれぇ!   ・・・・    ・・・何を恐れる?おれ自身を火?オレはおれだ!ここには人殺しがいる、このオレだ!オレは俺を憎んでいる。数々の罪を犯したこのオレを。オレが死んでも哀れむ者は一人もいない。当たり前だ!おれがおれに哀れみを感じていないのだからな・・?!」

しかし、
コウイチ
「オマエにふさわしいのは地獄しかない!」


★ロミジュリ。

 激しい演技をしていたコウイチが、うるわしい王子に急変身。周りの空気感まで変わっている。
 今年も美しいシーンでした。


romijuri2005.JPG

 (↑ 注:2005年photo です)



  <思い出しTIME>



 (↓2008年 photo No. 11)
koichi 11.jpg







●シーン変わって、オオクラがひとり、寂しげにピアノを弾いている・・・。

 ここは時間を割き、オリジナル文章で書きたいところですが
 見たほうが早いとも思うので、動画(Youtube) こちらでどうぞ。(無念・・・)
 (見たくない方は、脳内再生した後、次へどうぞ。
  また、このようなものを推奨しているわけではありません)



●リカが来た・・・。・・・女性に対して、頼りないオーナー姿を露呈するわけにもいかず(←ちょっと脚色w)
 なんとか起き上がって、リカに話しかけるオオクラ。

 「リカ・・・。お疲れ様。ごめんな、今日も客が少なくて。このごろ、オレの舞台に光一が立っている夢ばかりみるんだ。去っていったヤラまで。オレ、いったいどうしちまったんだろ。あれから1年たつっていうのに。」

 リカ、悲しそうに、「あのね・・・。」 コウイチの死を告げようとするが・・・。


 マダチ登場。
「オオクラ〜、もう楽屋の電気、消すぞ。」


「ああ、ありがと。」 オオクラ、去る。


言えなかったリカも、その場を離れる。




誰もいなくなったピアノの部屋。




ガラガラガラ・・・。


さきほどもいた掃除夫たち。

ヒゲを生やした掃除夫が、掃除用具の入ったカートを押して、やってきた。













 「ただいまぁ〜!!!(ニカニカわーい(嬉しい顔))」

 
 掃除用具入れから、座長登場に、客席「おぉ〜!」と拍手&笑い。 
 結構いつまでもカートに入ったまま(w
 よいしょ、と、ちょっと高めのカートから出てくる。時には掃除夫さんに手伝ってもらいました。


 「あ、マリオひらめき

 まさるさん、座長の遊びに付き合って、スーマリのマネとかもしてくれて、今年も本当に楽しいひと時・想い出を有難うございました。

 「せっかく帰ってきたんだから、大歓迎があっても良いんじゃないでしょうかねぇ。
  ここ、お化け出るって言うからな。怖いぃ〜(ブルブル)」

 「それにしても、劇場がサビれてるな。



  ・・・ ひらめき ・・・



 なんだ 目 、あの布かぶってるのは。・・・こんなのあったか?」



 バサッ。(布をはぐ)



 「オレの、銅像???」


dozou.jpg



 手でくるくると、行儀よく布をまとめながら・・・


 「よく出来ているなぁ。。。」



 何気に、銅像に触れると・・・・


 ”SHOW MUST GO ON!!”


 「銅像が喋ったぁ〜!」


zacho touches dozo.JPG


 てなわけで、

 SHOW must ・・・・ コウイチ 「ゴーオン!!」

 「シュッダッシュ(走り出すさま)」  「シュッダッシュ(走り出すさま)

 ・・・・・(笑)。


 今度は、手をグルグル、ひじを曲げずに扇風機のように回して銅像にタッチ!
 「ショショショショショショショショショショショショsh!!!」


猫じゃらしのように、銅像で遊びほうけていると・・・




物音に気付いたリカが戻ってきた。「誰かいるの??」





「あーーーーーーーーっ!!!!!!」



<2/14、2/24夜の部の合体バージョンでお送りします。>

首がもげるような開脚後転!!


起きだして・・・・。


「ママミアママミアママミアッ♪」(←少しドレミファソラシドの音程に似ているが、それとも断定できないような意味不明な感じ)と言いながら上手にはけ、

「ママミアママミアママミアッ(ドシラドファミレドと落ちていく)」と言って戻ってくる。

 ・・・・リカ。

 あまりの座長の壊れっぷりに、笑いがこらえきれなかったのか(考えてた演出かもだけど)、今度はリカがピアノの後ろにはけてしまう! 客席爆笑&拍手! 


・・・そしてしばらく戻ってこない!



やっと戻ってきて・・・

 「どした?イヤなの?」と、座長。客席爆笑。
 「お前、どっからどうみても光一だろ?」

リカ「さっき、看護婦さんから・・・・」言おうとするが。

コウイチ、ピアノに座って「看護婦さんといえば。・・・可愛い看護婦さん、いたのかな?記憶があいまいでなぁ。オレ、どれくらい入院していたんだ?」

 「・・・1年よ」

 「そんなに?不思議だな、どーのこーの(←忘れた)」

 コウイチにペンダントを渡すが、(その手の冷たさにさに、動作がとまる。)

 暗いリカに、座長
「なんかイヤだな〜、さっきから。嬉しそうじゃないね〜。久しぶりなんだから、明るくさ、例えば後ろから「おかえりー♪」とか、明るいテンションでイイと思う。」

「もうどこへも行かないで!」
座長「オオー、キタァ〜♪バカおめえ、どこへも行かな・・・」

マチダたちに見つかる。
また長い言い訳。「ママミアママミアママミア」も忘れず、いちいち覚えてちゃんと言える座長すごい!んで、また横回転だったそうです。

 言い訳の一例(2月14日バージョン)
 「うーん、驚かそうと思ったんだけど、誰もいなくて、そうしたらそこにマリオがいたんだ!テレッテ・・・キノコがでっかくならない!自分がでっかくなっちゃって・・・。それは置いておこう! あのー、そうだ、銅像で遊んでたら、リカが来て。この銅像はな ・・・そんなことはどうでもイイ! この状況を説明しなきゃいけないんだな・・・

 もっと色々言っていた気がするけど、そんな感じで、自分が登場してからこれまで起こったことを、いちいち時系列に、おしゃべりなおじいちゃん風に長々と語ってました。

 「よくしゃべるな、俺!」 会場から拍手。

 「回る技を考えてたんだよぉ?」 例のリカと一緒の横回転。「 トーウ!」と、二回繰り返してました。
 「ダメだ。この技はボツかなぁ。。。 またもう一回(経緯を)説明しようか?」 ←爆笑。

 「うそだよな?」「夢じゃないよな?」といいながらもMAも爆笑。

 「ケガは大丈夫・・・?」に、「オメー、あんだけ喋ったんだぞ〜。大丈夫だろ〜ww?」とコウイチ。

 「もう、こんな元気。サルゥ〜。」と、元気アピール。両手を広げて、手をグルグル。ここではみんな普通。

 それから、今度は両手を前に出しての、手グルグル。「カモン!サルコゥ!!」

☆マーチン、誉めてもらうために「はぁぁぁ〜」と思いっきりタメてグルグルグルグル♪客席から拍手。ヨネハナも同様に。「2人とも最高だよ。」

☆「おい、そこの緑、お前、何やってんだ?」(←東北弁風)
「腕が・・・痛い・・・(><)」

オオクラやり直し。コウイチ、「カモン!」とオオクラに気合を入れる。
ビエーン、と、半泣きオオクラ、やってみる。

「なんで、こんなになっちゃうの、お前、情けないなぁ、随分と。・・・ボソッ(ちょっと太っちゃったんじゃない?)」
それ以上言わないで・・・!という、懇願するような表情を向けていた大倉君でした(えーと、これは確か20日)。

☆銅像に向かって、「(シェイクスピア)やってんだけど、うまくいかなくて・・・」と言うオオクラ。客席から笑い。お前、誰に話しかけてるんだ?と突っ込み。

★その後の流れ、ステッキダンスも素敵なシーンですが、あいにく、こちらもヘンな画像があるので、こちらからどうぞ



★「ヤラはどうしてる・・・?」


 他メンバーは、あんなことがあった劇場でSHOWを続けられないと、オフに戻ったが
 

 「ヤラがショウを続けている・・・exclamation」 反応するコウイチ。

 ヤラは、オンで頑張ってショーを続けているが、そろそろクローズするらしい。
 あまり幸先が良くないヤラに、カツを入れるため劇場に行くことにした。


★オンのヤラたち。

 ”Hey watch me now ! Hey 世界が〜
 Hey ! 歓声を上げたがってる 〜 るんるん


       ・・・・・・・・

 証明してみせるーぅ わっち ミぃ なゥ 〜”




★ONの劇場に着くマチダ、ヨネハナ。何気にリカも後をついきていて、止めようとするが・・・。
 OFFに戻ったマチダたちに、冷たい態度のMADたち。

 そんなところに、コウイチ客席から颯爽と登場!
 
 音楽がかかる。

 「ヤラ、また前みたいにオレたちと勝負しようぜ・・・・!」


to be continued・・・

★SHOCKを応援する当ブログへの応援も、本当に有難うございました。

ジャニーズプログランキング
ジャニーズブログランキング
posted by penpen1016 at 04:55| Comment(2) | TrackBack(0) | Endless SHOCK 総合的なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

今月のドル誌3誌は取材が2月中旬だったようで、いずれにもSHOCKネタが載っていましたね。

中でも私が興味深かったのはD誌です。
光一君のページは質問形式になってますが
その中の「大倉忠義さんにひとことお願いします!」

光一君のwebは全然更新されないので
忠義ファンとしては光一君が忠義のことをどう思っていたのか気になっていたんです。
だから「キミは癒し系だね(笑)」「大倉は本当にがんばってたし、度胸がすわっていると思ったよ。」というお言葉は、とっても嬉しかったです。
すばるはいつも「大倉に癒される」って言ってるけど、メンバーだけじゃなくて
先輩である光一君まで癒してしまうなんてスゴイぞ忠義!

それに対して忠義が光一君のことを「24時間王子やねん」と言ってます。
その少し前のところに「ボクも王子キャラと言われたことがありましたけど」って言ってますが・・・。
eighterはあんまり忠義のこと王子とは思っていないのでは・・・?
少なくとも私は忠義のことを王子と思ったことはありません(笑)
もっと親しみやすい感じがします。
「いつでも、うちにご飯を食べにおいで」と誘いたくなっちゃう感じです。
王子は恐れ多くて家には呼べないですものね。

penpenさんの脳内再生もあとちょっとですね。
ガンバッてくださいね。
Posted by ユミ at 2008年03月09日 21:04
Dear ユミ様

こんにちは!
Duet 色々書いてありましたね〜。私も一番興味深かったです!(といいながら、POTATOをブログには書いてるんですが)
でももっと大倉君のこと書いて欲しかったッス。いつも奴は文章が短くて(笑)癒されたエピソードが欲しかったけど、そればっかりは仕方ねーw

MAのMAん華鏡でも、大倉君話になると私も癒されてましたぁ。

たっちょんが可愛くて・・・彼自身は人見知りらしいが、関係ない♪こっちから声をかけちゃいたいタイプですよね。夕飯に呼んだら、米ツブほっぺにつけて、普通におかわりしそうだ〜。

PS当方へのエール有難うございました。いつまでやるんだ?と焦っているのですが、なかなか進みません・・・。

from tattypenpen
Posted by tattypenpen☆ ユミ様 at 2008年03月10日 21:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。