<
  ●舞台SHOCKとは? (今更なのでwikiリンク)
概要 2000年公演 2001-02年 2003年 2004年 2005年〜

   ★公 演 日 程★  ★帝劇アクセス★  ★shock座席表★
  ■2008年 Endless SHOCK あらすじ・曲目リスト■
   ☆2008年キャスト一覧&プロフィール☆ 
  ●'08 SHOCK関連新聞・ニュース●   ●帝劇あれこれ
  ♪観劇レポ・感想・情報・Q&A掲示板♪
(一部の経歴等を除きオリジナル文章ですので,転載の場合はトラックバックor一声お願いします

2008年03月22日

Look at Star! 徹子の部屋

●3/27発売、Look at star ! 5月号 巻頭スペシャル・レビュー「堂本光一『Endless SHOCK』千秋楽」(Dream boys との二本立て)です♪
Look at Star!5月号詳細 
 「Top Stage」のほうはまだ詳細が出ていませんが、こちらも掲載が期待できるかも・・・!

●21日放送「徹子の部屋」(ゲスト:国分太一さん)にて、黒柳徹子さんがジャニーズではフライングの演出が多いことについて触れ、世界的に見ても凄いフライングをする人がいて・・・、と、座長のリボンフライングを太一さんに説明していたとのことです。

★いまだに多くの方にご訪問いただき、嬉しく、そして、少し寂しく思っている今日このごろです。
 
ジャニーズプログランキング
ジャニーズブログランキング


posted by penpen1016 at 01:51| Comment(5) | TrackBack(1) | Endless SHOCK 総合的なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

TVガイド3/22号@大倉君,米寿司 no more CD,必殺仕事人等

okura tvguide322.JPG●TVガイド3/22-28号、P136に大倉君がSHOCKでやったスネアドラムについて書いています。Kinki が表紙ですのでこの号を買われた方も多いと思われ、ご興味があったら見てみてください。P.76にも楽しい記事が♪



★追記情報:
 ●町田君→ 来週26日放送、ラジオ「レコメン」に、風間俊介君とゲスト出演。
 ●座長→ 本館ブログでささやかにやってますので、おヒマな上にご興味ありましたら、リンクからお越しくださいませ。
 ●大倉君→ 春のSP系にも多数出演です。ジャニーズネットをご覧ください。


★スシ王子 スシ王子! ORIGINAL SOUNDTRACK 予約開始♪Amazon

  【初回版仕様】2面4Pジャケット。『ギョ!』ステッカー (映画ロゴ『ギョ!』のステッカー)
 ・シングル&サウンドトラック連動キャンペーン応募券封入。 ※映画主題歌・米寿司「No more」及びドラマ版主題歌 KinKi Kids「涙、ひとひら」は、いずれも収録されません。収録曲はインストとなります。

★米寿司 No more CD 発売♪
Amazon 
 (通常盤も受付開始してます♪)



■完全初回限定盤(CD+DVD):JECN-0164/5
¥1,600(tax in)
・ドラマ版でゆかりのある宮古島で収録したMusic VideoのDVD付き
・千社札シートA封入(米寿司 特製ステッカー)
・シングル&サウンドトラック連動キャンペーン応募券封入
堂本光一が「スシ王子!」で演じる“米寿司”(まいず つかさ)名義でシングルリリース決定!「銀幕版 スシ王子! 〜ニューヨークへ行く〜」主題歌となっている「No more」は、ギターが印象的なロックダンスミュージック。カップリングには、RYUKYUDISKOとFantastic Plastic MachineによるREMIXを収録。

【初回盤CD収録内容】
1.No more
2.No more
-Remixed by RYUKYUDISKO-
3.No more
-Remixed by Fantastic Plastic Machine-



■通常盤:初回プレス分■
・1000円(tax in.)
・2面4Pジャケット+ロングキャップ仕様
・「修行唄」収録(初回盤未収録)司が歌う堤幸彦作詩・作曲のアカペラ劇中歌
・千社札シートB封入(米寿司のネーム千社札ステッカーB)
・シングル&サントラ連動キャンペーン応募券封入

★シングル&サントラ連動“米寿司着ボイス”全員プレゼントキャンペーン
シングル「No more」とサウンドトラック「音楽版 スシ王子!」両CD購入者対象で「米寿司 着ボイス」を応募者全員にプレゼント!詳細はCD封入応募券 or ジャニーズ・エンタテイメント HPをご覧下さい。応募締切:5/31(土)18:00

【通常盤CD収録内容】
1.No more
2.修行唄
3.No more-Remixed by RYUKYUDISKO-(仮)
4.No more-Remixed by Fantastic Plastic Machine-(仮)

Amazon

jecn166.jpg


★スシ王子GOODSにnew アイテム登場♪
筒入り指南書タオルとカンバッジは、劇場発売のものと同じと思われます。
          click↓ ♪




★大倉君出演「必殺仕事人2007」DVD予約開始♪
            ↓click♪

51ut6%2B5auEL._AA240_


ジャニーズプログランキング
ジャニーズブログランキング
posted by penpen1016 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(1) | Endless SHOCK 総合的なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

♪満席御礼♪

訂正情報3/19
★4/15(火)月刊SONGS、座長というか、ツカサ表紙
        (↑予定が変更になり、表紙ではなくなるそうです。掲載の有無も不明
          by 出版社HPにお詫びあり)


tohohp2008shockthankyou.JPG



その後のカンパニーのお仕事♪
【座長】赤文字は3/19の追記事項
★3/19(水)週刊TVガイドKinki kids表紙&グラビア、祝333回「新堂本兄弟」BOOK
 週刊ザテレビジョン 新連載「堂本光一の”寿ばら司き人生”」スタート
★3/21(金)グランプリトクシュウ&アイドル誌発売日&オリコンスタイル(試写会模様)
★3/22(土)東京中日スポーツ座長掲載回
★3/20〜4/3 試写会。五大都市はまだ応募が間に合います。:
こちら
  (注:TSUTAYAケータイプレミアメンバーへの登録要)
★3/28(金)オリコンスタイル(試写会関連)
★4/2(木)スシ王子銀幕版ナビゲートDVD発売
★4/9(日)米寿司写真集スシ王子!銀幕版〜in ニューヨーク
★4/12(土)テレ朝 24:55-25:50ドスペ
★4/15(火)月刊SONGS、座長というか、ツカサ表紙(予定が変更になったそうです.by 出版社HP)
        ファミリーマートオリジナルスシ発売(5/5まで)こんな感じです♪
★4/19(土)銀幕版 スシ王子!〜ニューヨークへ行く〜 全国ロードショー
★4/30(水)no more &サントラCD発売決定&!!こちら。 Amazon

【大倉君】
★3/12発売シングル「ワッハッハー」が約19.4万枚の売り上げでオリコン・シングル週間チャート一位。おめでとうございます♪
★シングル発売の関連で、TV、ラジオ等、多数出演です。大倉君は安田君と今回の宣伝当番(?w)になっているのか、出番が多めのようです。載せきれないので、詳細はJohnny's net をご覧ください。
★4/3(木)〜、関ジャニ∞アリーナツアー”Spring TOUR 2008" 詳細はJohnny's net
★5/30(金)大倉君出演「必殺仕事人2007」DVD発売♪
概要 Amazon
★6/2(放送は6/8(日))関ジャニ∞がエコ大使に任命だそうですね!
  頑張ってください♪ 
こちら。(スポーツ報知)


【屋良さん】
☆ザ・少年倶楽部プレミアム(3/16BS2放送済み。次回放送は3/18午後6時BShiにて)
☆ザ・少年倶楽部4月放送分に「舞闘冠」として出演予定。


【米花さん、町田君】
☆ザ・少年倶楽部プレミアム(3/16 BS2放送済み。次回放送は3/18午後6時BShiにて)
☆4/1(火):
BiDan 5月号に登場(表紙は堂本剛君)
☆5/2(金):舞台「フルハウス」出演。5/2〜東京グローブ座にて。
        一般発売日:3/29(土) 
あらすじ、キャスト紹介、チケット等はこちら。
        Johnny's net もご覧ください。


【M.A.D.(SHOCK組)】
☆ザ・少年倶楽部プレミアム(3/16 BS2放送済み。次回放送は3/18午後6時BShiにて)
☆絶対何かのコンサートor 舞台には出演する・・・ハズです!



ジャニーズプログランキング
ジャニーズブログランキング

ラベル:Endless SHOCK
posted by penpen1016 at 23:35| Comment(4) | TrackBack(2) | Endless SHOCK 総合的なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

走り続ける・・・!! そして、有難うございました。

princeroll.bmp●走り続ける各出演者。その後のお仕事♪

【座長】
★3/15(土)六茶の新CM「バーベキュー編こちら」♪(曲名:FU FU FU)が全国でオンエア中ですね♪ 

★3/17(月)開演:19:00 スシ王子3/17銀幕版スシ王子!完成披露試写会
 (出演キャスト&スタッフの舞台挨拶予定)
★3/19(水)週刊TVガイドKinki kids表紙&グラビア、祝333回「新堂本兄弟」BOOK
 週刊ザテレビジョン 新連載「堂本光一の”寿ばら司き人生”スタート
★3/21(金)グランプリトクシュウ&アイドル誌発売日
★3/22(土)東京中日スポーツ座長掲載回
★3/26〜4/3 五大都市試写会。まだ応募が間に合います。:こちら
  (注:TSUTAYAのケータイ・プレミアメンバーへの登録要)
★4/3(木)スシ王子銀幕版ナビゲートDVD発売
★4/9(日)米寿司写真集スシ王子!銀幕版〜in ニューヨーク
★4/12(土)テレ朝 24:55-25:50ドスペ
★4/15(火)月刊SONGS、座長というか、ツカサ表紙
★4/19(土)銀幕版 スシ王子!〜ニューヨークへ行く〜 全国ロードショー
★4/30(水)no more CD発売決定!!こちら。 Amazon
★その他、レギュラーなどはJohnny's net でご確認ください。

■そういえば、帝劇で公演中「DREAM BOYS」で、「お前なんか・・・握ってやる!」ネタが披露されていてちょっと嬉しかった反面、自分は出演しないのにjrが宣伝をしていて・・・、他の番宣も出演しないJrが宣伝。なんか無理やり感。微妙に感じました。
■回転寿司チェーン「スシロー」にて「プリンスロール」提供中♪  
 調べたら、何気にうちの近くにも店舗が存在してました!「うちの近くにはそんなの・・・」そんな貴方は一度店舗検索してみてください。こちら。


【大倉君】
★3/12発売シングル「ワッハッハー」がオリコン・デイリーランキング1位。おめでとうございます。
週刊ランキングも1位になりそうですね。
★シングル発売の関連で、TV、ラジオ多数出演です。大倉君は安田君と今回の宣伝当番(?w)になっているのか、出番が多めのようです。載せきれないので、詳細はJohnny's net をご覧ください。
★4/3(木)〜、関ジャニ∞アリーナツアー”Spring TOUR 2008" 詳細はJohnny's net
★5/30(金)大倉君出演「必殺仕事人2007」DVD発売♪ 概要 Amazon
★6/2(放送は6/8(日))関ジャニ∞がエコ大使に任命だそうですね!
  頑張ってください♪ こちら。(スポーツ報知)


【屋良さん】
☆ザ・少年倶楽部プレミアム(3/16BS2放送済み。次回放送は3/18午後6時BShiにて)
 ・・・・?次のお仕事が気になるところです。


【米花さん、町田君】
☆ザ・少年倶楽部プレミアム(3/16 BS2放送済み。次回放送は3/18午後6時BShiにて)
☆4/1(火): BiDan 5月号に登場(表紙は堂本剛君)
☆5/2(金):舞台「フルハウス」出演。5/2〜東京グローブ座にて。
        一般発売日:3/29(土) あらすじ、キャスト紹介、チケット等はこちら。
        Johnny's net もご覧ください。


【M.A.D.(SHOCK組)】
☆ザ・少年倶楽部プレミアム(3/16 BS2放送済み。次回放送は3/18午後6時BShiにて)
☆絶対何かのコンサートor 舞台には出演する・・・ハズです!



●●本エントリーにて、定期更新終了●●

 思い出すとブログを開設したのが2007年12月12日。キャスト発表の翌日でした。
 あれから約3ヶ月。あの日を思い出すと、もぅ結構前だな、と思ってしまいます。

 初日は確か、40アクセスくらいだったでしょうか?
 それがだんだん日ごとにアクセス数が増え、初日には当方が戸惑ってしまうくらいのアクセスをいただきました。
 この記事を含めて119個の記事をなんとか書き上げ、30万を超えるアクセス数をいただき、最後までお付き合いくださいまして有難うございました。

 大変寂しいのですが、ブログの性質上、本エントリーをもって定期更新は終了とさせていただきます。勿論、Endless SHOCK 2008 関連で何かの情報を得た場合にはコソコソと更新するつもりです。今後は、このブログを後日に見返す際、探している情報にたどり着きやすくする作業(適当だった記事のタグ付けを増やす、etc)を、時間のあるときに行っていく予定です。
 
 近い将来、もし、DVDが発売決定・・・! なんてことになったら、またここで1人祭りを繰り広げる予定ですので、その際には絡んでいってください♪

 今までコメントやメールをくださった多くの方、ブログランキングへ投票くださった方々、大変励みになりました。改めまして、厚く御礼申し上げます。

 一方、ブログサイトの機能的な理由で、いただくコメントは全部「公開」されてしまい、コメントを送りたくても、ちょっとためらわれた方もいたかもしれません。また、アクセス数が増えるに従い、もっと読者参加型の企画(例えば、アンケートとか?)を考えたかったのですが、そこまでの余裕とHP知識がなかったところが、・・・もし来年もやるとしたらの、課題です。
 更に、ちょっとそれ違くない・・・・?みたいな、微妙に間違った言葉の使いまわし、誤字、脱字、貧弱なボキャブラリー etc. 見苦しい(読み苦しい?)駄文が多かったとも思われ、大変失礼いたしました・・・と反省すると同時に、皆さん大意を汲み取ってくれていたようで、ここに来てくださる方々の素晴らしさに、甘えておりました。
 また、「荒らし」もほぼ皆無で終了でき、そういった人種を寄せ付けなかった自分をちょっと誉めてもおります。

 個人的には、今回はブログをやってみたせいか、今年のSHOCKはより一層楽しく、深いものに感じられ、とても充実した三ヶ月間を送ることができました。また、今まで他力本願だった情報への仕手戦の張り方?、そんなこともなんとなーくですが、コツを得たように感じており、今後ファン活動を行う上でも良い経験になったと思っています。
 「今回の記事は内容が荒いな」とか、「更新が遅くなってしまった・・・!」と思った日もありましたが、限られた時間の中で、自分は精一杯走れた、と勝手にSHOCKのテーマに照らし合わせ、自己満足しております。

 私事になりますが、去年に仕事をやめ、充電期間を利用してこのブログを作ってみました。おりしも千秋楽(2/26)の公演時間、私は職安で失業認定(最終回)を受けておりました。
 そろそろ次に向かって走らねばなりません。・・・が、走るにも、スタートラインの位置から既に、壁が見えております(苦笑)。やはり世の中、ヤラやオオクラ、リカみたいな人間は沢山いて、才能にあふれたコウイチは、本当にウラヤマしい存在ですね。なんて、現実的なことを考えてしまいました。さて、走れるかな・・・(爆)
 サラッと終わらせるつもりでしたのに、また長文ダラダラになってしまいました(汗)

 当方、もうひとつブログを持っています。そちらでは、あまり座長関連は心に留めておくのみ、あまり語ってはいないのですが、思い出すことがありましたら、たまに遊びにいらしてください♪

 走っている皆様方。素晴らしい毎日が訪れるよう願っております。

ジャニーズプログランキング
ジャニーズブログランキング

posted by penpen1016 at 01:24| Comment(6) | TrackBack(1) | Endless SHOCK 総合的なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年Endless SHOCK レポをお探しの方

 ご訪問有難うございます。

 SHOCKレポは、1/7-1/12の公演を除き、おそらくほとんどの日について掲載しています。ただし、昼公演は割愛していたり、短めの場合が多いです。掲載場所は、公演中に書いたブログ記事の下のほうに、公演の日から1〜2日遅れで掲載しています。
 特定の公演のレポをお探しの場合は、右サイドバー「カレンダー」の日付をクリックするのが一番早くたどり着けるかと思います。
カテゴリの「観劇レポ」には、このブログ作成者が観劇した公演のレポのみを入れています。
posted by penpen1016 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年観劇レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

goods発売決定♪

グッズが通販にて販売になりましたね!!


(*^o^)/\(^-^*)


J web にて受付中♪

サイトは混雑しているようですが、19日まで申し込みできます♪

詳しくは J webをご覧ください♪

(*^^*)

posted by penpen1016 at 14:19| Comment(4) | TrackBack(0) | Endless SHOCK 総合的なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

2008 Endless SHOCK 脳内再生リピートD

★「It's A New World On The Earth」

NAOKI (ドラム)


 コウイチが共演したがっていた、ナオキとのコラボが実現。

 赤のカーテンに照明だけのシンプルなステージだが、その空間から臨場感が伝わってくる。
 
 赤のライトから白のスポットライトに。ナオキが現れた。

 今年は、ドラムが二台置いてある。
 左側のは、例年と同じもの。
 右側に、シルバー調の色をしたドラム。

 日本人では初めてBlast!公演に出演したという、彼のドラムテクニック。
 スティックを飛ばすところで、お客さんから拍手・・・!
 右のドラムに移る。鉄琴みたいな音のもの(←きちんとした名前がわからなくてスミマセン)


 ご興味あったら、似たようなパフォーマンスをTVで披露されていますので、
 こちらでも見てみてください★
 直さんの髪型が全然違っていますが。→動画(ちちんぷいぷい出演時) 


パチパチパチ・・・★



Ribbon Flying


ドーン ドドーン・・・!


センターの、ハ型につるしていたカーテンの隙間から、コウイチが現れた。
すぐさま、両側にある布を巻きつける。


zacho ribon start.JPG


謙虚な彼が「できるものなら、やってみろ」と豪語した、
腕の力とバランスだけを使って魅せるリボン・フライング。

グッと腕を引っ張る確認し(といっても、1秒以内のしぐさ!)

ナオキは下手に移動し、引き続き演奏。
フライングに出るコウイチに弾みをつけるような、激しいドラミング。

すぐさま飛び立つ・・・!

zacho ribon.JPG



ribon flying.JPG

zacho ribon2.JPG


着地すると、客席に背中を向けたまま
和太鼓のほうに向かうコウイチ。

撥を握り、ゆっくりと両手を挙げる。


ナオキのドラムが終わって、拍手。




ドォン・・・


ドン ドン ドンドン

ドンドド・ドンドド 

ドンドド・ドンドド 

ドンドド・ドンドド・・・


だんだんリズムが早く、強くなっていく。


と、同時に、ステージ奥のスクリーン、サイドにその姿が映し出され
前を見れば太鼓を叩くコウイチだらけに!

いつの間にあんなに太くなった腕?wで、ドンドン・・・


激しく、そして、スローダウン・・・



ドンドド・・・・ ッドドン・・・!






ヒャンヒャンヒャンヒャン・・・

アンサンブルさん達が現れた。

今年はコウイチ・ナオキが叩く太鼓の周りを回ったり、
二組に分かれて列を作って囃子のような音を出しながら

一糸乱れぬ演出!



次は2人で、神社の鳥居(?)にくくりつけたれた面に向かう!

shrine taiko.JPG


2人の手が交差!力強いのに、流れるようなリズム。 


・・・よく息が合っている!

今年は動いて色んなモノを叩く、趣向を変え
一つ一つがじっくり。そして、次から次へと前に前に!

間髪入れずに

今度はスティックでナオキと音を出し合う!
kouichi with naoki stick.JPG


お互い一回転したり(コウイチだけか?よく覚えてません)
と、ここでも2人ならではの息があった演出!


腕を上げて、パァン!と手を叩き合うのはここだっけ?


今後は小太鼓っ!

(画像等でお楽しみください。画像ソース:2008年ステージフォト、2008年2月、3月号各舞台誌)
stagephoto136.jpg

 (by stagephoto No. 136)


 トリの大太鼓に・・・!

 気合を見せる!


「ヘイッexclamation×2


taiko naoki koichi.JPG


koichi taiko aiai.JPG

stagephto102.jpg



2人の渾身の「共演」&「競演」!

「へーイッ!」


ドドン・・・・


フィニッシュ!!


コウイチがナオキを指す。

会場、止めていたような気がする息を吸いながら、大きな拍手。



次はオオクラが上手側で中くらいの太鼓を叩いて披露。
ナオキさんにも誉められたオオクラのドラムテクニック。
今回の太鼓も、その基礎があったから短時間であそこまで仕上げてこれたのかと。

ナオキも音を合わせていく。

コウイチはあんな高いところに!
ステージ奥の一番上で大和太鼓を叩く!


ドンドコドンドコドンドコドンドコ・・・・


黒人アンさんブル達がアクロバットをしながらステージに躍り出てきて
それぞれ自分の位置に付き、太鼓の音にあわせていく。

他のメンバーも同様に登場、だんだん、だんだん音が大きくなっていく・・・!

音がMAXになったか・・・と思ったら



コウイチ、シルバーの丈の短い着物に黒の羽織をまとい
センター奥から軽々しく、舞い降りるように颯爽と登場・・・!


 

今度は下手側からステージ上に走り飛ぶ!
赤のイルミネーションが光るラダーに着地。
曲がるラダー伝いに移動したり

自ら飛び立って移動したり・・・

重厚だけど優雅な音。
そしてお客さんの心踊る気持ちを表すような音。


一方。

ドンドコ ドンドコ ドンドコ ドンドコ・・・・

オレンジ色の薄暗いステージ。
オオクラを先頭に、凛々しく。

下からコウイチを見守るがごとく
和太鼓で演出するカンパニー。


コウイチ一旦ステージに着地。


梯子をスラスラっとあがる・・・

stagephoto19.jpg


再び舞い上がる。

ラダーを続けながら

宙ぶらりんになるコウイチ。

センターから、G−ロケさんが開くわずかな隙間を通り抜け
2階センター方向にグーーーーーーンと近づいてきた・・・・・!

が、なかなか一度では到着しない。

早く来て、欲しいような
いや、もっと溜めてから・・・
いや、見るので夢中!

「わぁ・・・・っ揺れるハート」 なんて思っている間に

やっと、伸びに伸びてきた!




ググーーーーーーッーーーーーーーー




タッ・・・


2階センター前に軽やかに着陸。
二階席中心に、拍手・・・・!





ゆっくりと、上手側の観客に挨拶。
それから、下手側のお客さんにも。


動作があくまでも優雅で、ゆっくりしているので
なんとなく、長くいてくれるような気もする・・・
が、

実際には30秒ないか??


「ほぅっかわいい」とするような間も



と後ろの空中に戻っていく・・・。


ゆっくり戻っていきながら・・・


無事、着地!



パチパチパチパチ・・・☆





ヤラがきらびやかな青の衣装で上手に登場。日舞を踊る。
リカが晴れやかな和装。それぞれ赤・青の紐を使っての演技。

ナオキも引き続き演出。

ゴージャスな音の中

だんだん動きが激しくなってくる・・・!

男性アンサンブル渾身の

黄金の扇を使った演出・・・!



間髪いれずに
ギランギランな衣装に、仮面を持ったコウイチが奥から登場。

(MASK のシーンは、順序がウラ覚えですので、違っていたらご指摘ください)

仮面をはいで、着物も水色&白に早変わり・・・


剣が両手から出る!

剣を引いた先から炎が!

衣装が紫に・・・!


最後の着物をはいで、仮面を脱ぎ捨て・・・、フィニッシュ!


そうとうコウイチは疲れたろうと思うが・・・



渾身の「夜の海」

夜の海 (←歌詞はこちら)


そぉっと風が
  
   問いかける・・・


He whispered softly in my ears・・・



 Tell me what you are searching for


Ah・・・


誰かを傷つけるときもあった
You'll never know when my heart breaks


yorunoumi aiai.JPG



昨日の自分に別れを告げて

 I say GOOD BYE to yesterday



ヤラ
オレはオレのやり方で前に進むために必死だった。
でも、進むどころか行き先さえも見失っていた・・・
今立ち止まったら、そこで終わりが来てしまう・・・
コウイチガ言っていたその言葉の本当の意味を
いま、やっとわかったなんて・・・!

リカ
コウイチ、私、間違っていないよね?これでいいんだよね?
これから、私は現実から目をそらさずに生きていくわ。
あなたの意思は、私達の心にずっと生き続けから・・・!

ヨネハナ
ガキの頃、俺達はおんなじ方向を見ていた。
だけど、いつの間にかバラバラになってた。


マチダ
コウイチが消えてしまったら、この先俺達はどこに
向かって走っていけばいいんだ・・・!?

オオクラ
答えなんてないのかもしれないな。
コウイチは自分が消えることを知った今も、
走り続けているんだ・・・・!


今は涙見せてもかまわない
You'll never show me your true heart


sea in the night2.JPG



瞳を閉じて闇に手を延ばす
You'll never know the deepness of the darkness
昨日の自分に別れを告げて

yorunoumi4.JPG



I will say GOOD-BYE to yesterday・・・ and me






桜の花が、舞い散った。


hanabira.JPG



観客拍手。



最後まで全力だったコウイチ、最後のときが・・。
その場で倒れる。


ヤラたちが走りよってきて
その場に倒れているコウイチの姿に驚いて走り寄る・・・!

oozakura.JPG


koichi finale with yara.JPG






コウイチをそっと抱え上げ、

桜の木の下へ運ぶメンバーたち。







そして、最後のお別れ・・・・・



白い布をかける。




★ フィナーレ

コウイチとヤラ達の、子供の頃の出来事がスクリーンに映し出される。

子供の頃から一緒だった仲間達。
懐かしいひと時の会話も、思い出され・・・




 しかし、晴れ晴れとしたコウイチの表情。



「時間が来たみたいだ・・・。


koichi shoten.JPG



人は生きていれば、必ず何かを失う。
でも、この絆がある限り、何も怖いものはない。
みんなの心がひとつになったこのステージ.。

・・・いいショ−だったな。




悲しみの大きさをー
   超えてく強さ



CONTINUE  (←歌詞)







大空が美しい〜

回転するステージの向きとは
逆向きに歩くコウイチ。

足元は、昇天していく人ということで、あやふやなヒラヒラの衣装。

コウイチの歌声に合わせるコーラスも美しい・・・!



オレはずっと走り続けてきたんだ。
走り続ける背中を見せることが、皆を繋げることだと思っていたんだ・・・。
でも、少し違っていたのかもしれない。

俺は、みんながいたから走ることができたんだ・・・。
お前達の夢、オレたちの夢はこれからなんだ・・・!




メインキャストでの大合唱、そしてコーラス。



大空が美しい 届かなくても
かつてそこに いた気がする

限りなく 輝いて 僕らを見つめる
あのときへと 誓う

夢はずっと 続くとぉ〜


shoten2.JPG




夢は ずっと



夢は ずうっと





yeah






るんるん−−−つ づ く と−−− るんるん




パチパチパチパチ・・・・・



End of story

★いつも応援有難うございました。

ジャニーズプログランキング
ジャニーズブログランキング
posted by penpen1016 at 18:08| Comment(10) | TrackBack(0) | Endless SHOCK 総合的なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

2008 Endless SHOCK 脳内リピート再生 そのC

<2008 Endless SHOCK 脳内リピート再生 そのC>

 3回で終わらせるつもりが、なんやら混沌としてきてますが・・・、続けまーす。

★★★

 ヤラの劇場に現れたコウイチ。

 驚いたヤラ 「コウイチ・・・!?」


 「ヤラァ!また前みたいにオレたちと勝負しようぜ・・・!」
ヤラを挑発します。



 
るんるんHey ヤラぁ〜 グッド(上向き矢印)

ヤラをあおりながら歌うコウイチ。

Where were you ? (where were you?)
Where were you ?(where were you?)

What's goin' on ?(what's goin' on?)
What's goin' on ?(what's goin' on?)

Show me your step! (show me your step)
Show me your step! (show me your step)

come on (come on) るんるん
come on (come on) るんるん

Why don't dance with me ? (why don't you dance with me ?)
  (come on, come on, come on, come on)
Why don't you dance with us ? (Why don't you dance with us ?)

just come'n dance with us  (just come'n dance with us)

let's do it (let's do it)
let's do it (let's do it)

let's do it (let's do it)

exclamation×2JUST DO IT exclamation×2


いつからか 消えた フレェン〜

Why don't you dance with me ? (←歌詞)


最初は下手側のコウイチが、マチダ・ヨネハナを従え、今年は3人だけど、大人のダンス!

しかし、当然ヤラは後ろめたいもいいところの困惑状態。
MADがヤラを説得(?)する。



ええい!っと、コウイチを突き飛ばし、ヤラが上手側でMADを従え
5人の若々しいシャカリキダンス!


交互の競演。心が盛り上がる演出・・・☆
マチダ・ヨネハナとMADも仲直り♪



・・・しかし、ヤラはいたたまれなくなり
途中で踊りをやめる・・・

踊りながらも、ヤラを心配するMAD・・・


exclamation×2JUST DO IT exclamation×2




パチパチパチ・・・ しかし、
オオクラを突き飛ばすヤラ。
最後まで踊らないヤラを、たしなめるマチダ、ヨネハナ。


「コウイチの凄さはオレがよくわかっているよ・・・!」

(・・・お客さんもわかってるよ♪)

ヤラが、話し始めた・・・。

「オレは何をやっても、お前には勝てなかった。・・・いつもそうだ。オマエさえいなきゃ・・・!
 ・・・何しに戻ってきやがった。」


コウイチ
「言わせてやれ・・・」

「その勝ち誇った顔、何年見てきたかと思う?偉いな、お前は・・・!」


刀のことなんて知るはずもないヨネハナ
せっかくコウイチが戻ってきたのに。オマエを心配してコウイチが来てくれたのに。
なんてことを言うんだ、ヤラ・・・!
そういわんばかりに、「てめえ、いい加減にしないと・・・!」
ヤラに掴みかかる。

コウイチ
「言わせてやれ、って言ってるんだ・・・!」


「ああ、言ってやるよ!
ジャパネスクのとき、
オオクラの刀を本物に変えたのはオレだよ・・・!」



みんな言葉なく、驚愕する


ドーーーーーーン




「show must go on って言ってたよな、コウイチ?何があっておSHOWは続けるんだよな?!





  第二幕、ジャパネスク。そのときがきた。




オレはミスしたかのうよういに、わざと刀を落とす。
必ずオオクラがフォローして、自分の刀を差し出すと思った。

間にいるコウイチがそれを抜く。
・・・わかったよな?抜いた瞬間、それが本物の刀だって。
渡せるのかよ? 


・・・渡せんのかよ?! コウイチ・・・!



・・・やっぱり渡しやがったよ。・・・ショーを続けるためにな!!」


狂気と悲痛の笑顔が混じった、なんとも表現しがたいヤラの表情。


そして、ものすごい勢いで階段へ駆け上がる。


yara dokuhaku.JPG



「オレはオオクラの刀をコウイチに突きつけた・・・
さすがのコウイチもビビッてやがったよ!

それでショーは終わり。

・・・オレの勝ちだ!(号泣)



止めろよ、オオクラ!
何で誰も止めないんだよ?!
オレはただ、脅かそうとしただけじゃねえかよ。

・・・なのに、コウイチが俺を挑発したんだ。

「続けろ、続けるんだ」って・・・。




何を続けるんだよ・・・?!」





あの事故が、まさかカンパニーの者が仕組んだ、人為的な事故だったとは・・・
「オレたちさ、みんな仲間じゃなかったのかよ?!」マチダが泣きながら、問いかける。



ヤラ
「あぁ、仲間だよ。
だけどオレはいつだってコウイチに先を越され、みんなも俺から離れていった・・・!
リカ、オマエだってそうだろ・・・?
お前がいくらコウイチを好きだって、コウイチはお前なんか振り向いてもくれねえじゃねえか。
そんなお前の姿、オレ、もう見たくねえんだよ・・・(泣き崩れるかのような、ヤラ)」



リカ
「私はコウイチについていくだけで、幸せなの。
ショーに突き進んでいくコウイチの姿が好きだから。」

               (あー、こういう女むかつくw)


ヤラ
「いつまでも自分の気持ちにウソついてんじゃねえよ!
好きな奴が自分を振り向いてくれない気持ち、オレにはわかるんだよ。


・・・オレもお前も犠牲者だ。


暴走するコウイチのいけにえだよ・・・!


オマエもオマエも・お前も・・・!!!

俺達みんなそうじゃねえのかよ? 泣き崩れる、ヤラ。




オオクラが、たまらずに口をあけた。

「そうじゃねえだろ・・・?!
ヤラ。コウイチはな、暴走なんかしちゃいなかったんだ。
コウイチが走っていける勢いで、俺達、つながっていけたんじゃねえのかよ・・・?」

ヤラ
「止まった奴は・・・!

止まった奴は、切捨てられるんだろ・・・?

だからオレは全部壊してやりたかった。

コウイチも
カンパニーも


何もかもな・・・!」

あぁ、と、顔を下に向けるコウイチ。
 ショーに邁進するあまり、気付いていなかったものがあったことに、気付いたのだろうか。



言い終わると、ヤラが、リカのほうへ走りよった。
ナイフをリカの手に無理やり持たせ、自分に突きつけるヤラ。


心臓の音。




ヤラ
「頼む。お前の手で、オレを殺してくれ・・・。
これしか救われないんだよ・・・」





ドキンドキンドキン・・・・





両手でナイフを握り、まっすぐに伸ばし
ヤラにむかってナイフを向けるリカ。



・・・ジュリエットのように、ロミオ(コウイチ)がいないのなら、自分も生きていく意味がない。
もしかしたら、そんな風に思っていたかもしれない、リカ。

しかし、リカが突破口になった。



コウイチが、「よせ!」というが、聞かない。

リカ
「私・・・、コウイチが戻ってきて、また皆がひとつになったら良いな、と思ってた。
・・・たとえ、それが幻想でも・・・!
そうなったら幸せだなって。。。

コウイチ「・・・幻想・・・??」 驚く。

リカ
「貴方は病院で息を引き取ったの・・・!」

コウイチ
「・・・??!・・・・、オレはちゃんとここにいるじゃねえか!」

リカ
「コウチお願い、あなたも気付いて・・・!」

リカが、くるっと向きを変え、後ろにいたコウイチめがけてナイフを突きさした・・・!






心電図、止まる音がピーーーっと、鳴り響く。






・・・・なんともなっていない、コウイチ。
リカ、床にずり落ちる。


「あたし、知ってたの。
でも、それを口にするとコウイチが消えてしまいそうで、言えなかった。

・・・もう貴方を失いたくない!

でも、
貴方の手、こんなにも冷たいの。こんなに近くにいるのに、こうして触れているのに。

・・・貴方を感じることができないの。


 ・・・トモユキ、もう一度よく考えて・・!
前に進むということが、どういうことなのか。
人は、見えないものをつかむために、突き進んでいく。

それを、コウイチは私達に教えてくれたの。」

ヤラ
「コウイチが・・・





・・・死んだ?



ウソだろ?



ウソだ・・! コウイチが死ぬわけねえだろ・・!」

周りの仲間に「ウソだよな?!」と、体を揺さぶって問いかけるヤラ。
皆、哀しく、困惑した顔。問いかけに、答えない。


・・・コウイチあそこにいるじゃねえかよ、ウソだって言ってくれよ!ウソだって・・・・(号泣)

リカ
「トモユキ、逃げないで! 私達も、現実を受け入れなくちゃいけないの・・・!
前に進んでいかなくちゃいけないの。お願い皆もわかって!(泣き崩れる)」

コウイチ
「もういい。ありがとう。 ・・・本当に、成長したな。

・・・俺も、すべてを受けとめるさ・・・!!


リカの両肩に手を置いた。


・・・ヤラ、オレはオマエをいつも挑発し続けた。そのたびにオマエは立ち向かってきた。・・・あのとき、あの状況の中で、オマエはショーを続けたんだよ。俺、言ったよな?どんなことがあっても、それに対応するのは当たり前のことだって。
 ・・・対応できなかったのは、オレのほうだ。お前はもう、ショーを続ける強い心を持っている。だからオレがいなかった間も事故のあったこの劇場で、ショーを続けていたんじゃないのか?!
 ヤラ・・・。 俺達は、ひとつ傷つけば、ひとつ表現が見つかる。
 ひとつ傷つけば、またひとつ表現が作れる・・・ボロボロになる。その分だけ、輝けるんだぞ。もう、自分を殻に閉じ込めるのはよせ・・・。」

力強くも、優しい口調のコウイチ。グッとヤラを支える。


zacho nagusameru yara.JPG


その言葉に救われたのか、そして、すべてを受け入れたヤラ。
泣きながら、ヤラがコウイチに懇願する。
「なぁ、コウイチ。頼む、もう一度、オマエとステージに立たせてくれないか?
 ・・・これが、オレが進むべき道なんだ。 ・・・頼む」


コウイチ
「ああ・・・



・・・やろうぜ、ヤラ」


オオクラ
「さあみんな、またオレたち、新しいショーを作るんだよ・・・!」


コウイチ
「オレにはきっと、時間が限られているだろう。
・・・いつ消えてもおかしくないからな。


だから・・・





おもいっきりやろう!!



みんな、なにジメジメしてんだよ・・・・!! こんどのショーがオレにとって、すべてだ。



みんな、たのしもうぜ!!




チャラ チャチャ!!

1人、踊りだすコウイチ。

What 10 wanna say ? 
(改めて、この曲なんでサントラに入ってないんだ?
 注:歌詞が変更になっていて、2006年発売DVD付属の歌詞ブックの内容と違います)


「あの日の夢にきてるかぁい(←?)
初めて泣いた? 熱いおもぉい〜
 ????集まったならぁ〜 遠くの星さ〜


 (↑超適当です。すいません。)

 ・・・・

ヤラが、一番最初に一緒に踊りだした。
次々と、みんなも踊りだす!




コウイチが最後のショーということで、記者会見が開かれ
沢山の報道がつめかける。
記者たちをはぐらかそうとするメンバーたち。

「コウイチさん、本当に復活するんですか?」
「オナカノ傷、見せてクダサーイ」
「次のショーの構想を・・・」
「今までどこに隠れていたんですか?」


「皆さん、落ち着いてください。
今度がオレにとって、最後のショーになると思います。


 どさくさで、オオクラが記者から押し出されてしまい、センターにひょこっと飛び出るw



okura interview.JPG


・・・詳しくはコイツから。」



最初は「ど、どうしよう?」なオオクラ、それなら・・・と、やる気まんまんでポーズ。
・UFO
・妙にカッコよく決めたポーズ
・あとなんだっけ?<プチ思い出しTIME>



遠めに眺めるヨネハナ、マチダたち・・・。
「コウイチ、あんな明るく振舞って。消えちまうなんて、なんか信じられねえよな。」
「オレ、怖いよ、こんな気持ち初めてだよ。」
「もし、今消えちまったら。」

戸惑う二人にヤラ。
「コウイチは消えないよ。ステージが待ってる限りは・・・。遣り残したことがあるから、あいつは輝き続けるんだ!」

「オレは今度のショーにすべてを捧げるつもりです。まぁみなさん、見ていてください!」




記者さんたちも、貴方も、ご一緒にドーゾ・・・!


What 10 wanna say (what 10 wanna say)
What 10 wanna do (what 10 wanna do)
What 10 wanna say いぇい 〜 るんるん
My dream will come true 〜 (← ? わからん)



パチパチパチ・・・!


「いいか、SHOWの途中で、もしその時が来たら

わかってるな・・・」






ヤラ
「いくぞ〜!!!!!!」

パチパチパチパチパチ・・・・


ステージが暗くなり、そして赤一面に・・・



to be continued・・・

☆いつも応援有難うございました。
ジャニーズプログランキング
ジャニーズブログランキング
ラベル:Endless SHOCK
posted by penpen1016 at 21:05| Comment(4) | TrackBack(0) | Endless SHOCK 総合的なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Eye-Ai4月号,きくちPブログ

nakabyoshi.JPG●こんにちは!えーと、先日だったんですが、英語エンタ誌Eye-Ai 4月号が手元に届きました。

 んーーーー、ある意味新鮮ですかね。

 既にご覧の方も多いと思いますが、表紙以外は白黒お写真。
 でも「こんな小さいんなら、載せなくていいよ」みたいな小さいものではなく、みな適度な大きさで良い感じのお写真でした。脳内再生記事の該当するシーンに、お写真を少し追加してみました。

 記事を書いた人はゲネプロを観劇され、お写真もご自身で撮られたものだそうで、ちゃんと「今年のSHOCK」のお写真。階段落ちのお写真や、スポーツカーのシーンで座長が踊っているところで、動きのため写真がブレているのはイイ感じ!

 記事は6ページで、コウイチさんの生まれや事務所に入ったきっかけ、CDデビュー、好きな食べ物や交流関係、お仕事等の、ファンならほとんど知っている内容で、あくまで彼を始めて紹介するといった感じ。

 SHOCKについても書かれており、これは内容が新鮮でした。
 いや、まぁ、これも普通に紹介した内容で、ジャニーさんのパンフ冒頭の挨拶文に触れたり、となんですが、「あまり勉強してきてませーん」というのがわかる内容で、でも、それが逆に毒されていない、外側の人が受けた印象を素直に書いていると思われ、そこは面白かったです。

 あまり、コウイチ君スゴイ!とダイレクトに書かれた文章はなかったんですが、例えば、今年はヤラさんの抜擢のほかにも大倉君の加入が目新しかったのが、大倉君の「O」の文字もなく、座長以外はヤラさんについて触れ、MAのことをさらっと書いている程度。

 ヤラさんの特技はダンス・・・はいいのですが、「和太鼓を熱演して」拍手が起きたとか、エエェッ??そこ?大倉君のことと混じってないか?www

 といった内容。背景知識なく、あくまで著者の目線で書かれていました。

 楽屋で出演者たちが、取材陣に「ご苦労様です」と声をかけてくれたのが印象的だったとのこと。締めくくりとして、cool で creative な座長の今後の活動と活躍が楽しみ、と、原文には書かれていました。


●コウイチさんの沖縄ロケも無事終了ですね!
 いらんことも結構書いてあるけどw、きくちPのブログを読んで、楽しみな気分になれた、ここ二、三日です。 こちら。
 

 リピート再生は別記事にさせていただきます。

ジャニーズプログランキング
ラベル:Endless SHOCK
posted by penpen1016 at 13:01| Comment(1) | TrackBack(1) | Endless SHOCK 総合的なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

POTATO, <2008 Endless SHOCK 脳内リピート再生そのB>

●SHOCKが終わって、はや10日が過ぎました。そして、各出演者も次のお仕事が控えております。それにもかかわらず、まだこのブログに来てくださる方も沢山いらっしゃって、特に常連の読者様からは、いまだに7割以上の方からご訪問いただいてるみたいです(← 貧弱なアクセス解析機能から推察)。改めて今年のSHOCKも素晴らしかったんだと確信するとともに、こちらにもまだ来ていただいて嬉しく思っているしだいです。

●アイドル誌各誌発売となりまして、今日はPOTATOをさらりと。

 ★大倉君表紙&ピンナップ&巻頭、P171「カラアゲ食うとけや」に賛成記事w

 


 ★p 56-59 座長。P.153 に十六茶カフェ記事、P149アイドルテーマパーク等。


 
 1/23の公演中止時のことについても記載されています。一文一文座長の気持ちをかみ締めながら読みました。
 それにしても「20代最後の〜」と名前の上に書いてあるけど、ヘタすりゃ10代・・・(笑)

★P94-95。まーちん&ヨネさん記事。久しぶりのドル誌復帰かと思えば、次のお仕事のメンバー達と一緒の掲載でした。SHOCK話少しと、次舞台話&舞台案内掲載。

★P.114 屋良さん記事。SHOCK話です。ノドについて「なぜかある時期から、ガーッと叫んでも平気になってきた」とのこと。あとは楽屋話(Jr.関連)。



<2008 Endless SHOCK 脳内リピート再生そのB>

【ACT 2】

コウイチの事故で、ショーはストップ。カンパニーもバラバラに・・・。

あれから1年が経過した。

暗いステージ、オケピにはオオクラが1人立っている・・・。

「なぜ、あの時渡した刀が、本物だったんだ・・・・!?」

真剣であることを気付かなかったオオクラは自責の念にさいなまれる。
また、念願だったシェイクスピア劇を残ったカンパニーのメンバーと共に始めるも、お客さんは戻ってこなかった・・・。




ステージが十字架の形に真っ赤に。



イン ザァ セーメェータァーリーーーー

−−ィィ−−



会場中いっぱいに響き渡る音。



闇の中にぃ〜 黒く燃ゆるぅ〜 るんるん


In the cemetery  (←歌詞はこちら)




黒ハートご自身の萌えポインツ思い出しTIME黒ハート>







Someday someday you will get to there もう戻れない〜

cemetery1.JPG


 by stagephoto No. 100.



In the cemetary 〜



十字架に、己の姿をなぞらえてフィニッシュ・・・!


パチパチパチパチ・・・・★






ひょぉぉぉおぉ〜台風曇り曇り (←冷たい風の音ね♪)


暗闇で、オオクラ

「オレはどうすればいいんだ・・・。
 なぁ、コウイチ戻ってきてくれよ・・・
 戻ってもう一度オレと一緒にステージに立ってくれよぉ、


  コウイチぃ !!!」





★劇中劇に突入。(台詞は全部書かれているわけではありません)

「極悪非道な人殺しに復讐せよ・・・!」


オオクラ 「父上・・・?」

コウイチが、ハムレットの亡き父の姿になって、頭上に現れた。




オオクラ
 「裏切り者には死を、その胸に剣を・・・!」

コウイチ
 「この世は雑草ののびるままに任せた、荒れ放題の庭・・・・」



コウイチ、下から

 「時間はわずかしかない。そなたが父を愛していると言うのなら、悪役非道な人殺しへの恨みをはらしくれぇ・・・!」

オオクラ
 「人殺し?」


コウイチ
「そうだ、オマエのことだ・・・。


 仮面をゆっくり外す。 声が落ち着いた風に変わって・・・・



 ・・・だが、オマエが殺したはずのおれは生きている。」


おののくオオクラ。

「コウイチ・・・!」


コウイチに追いかけられ、つかまり、さいなまれるオオクラ。



ビィーーーン という音と共に

コウイチが、ころっと豹変。ハムレットに。


空を仰ぐ。

正義感にあふれるものの、まだ純粋そうな美青年のハムレット。

コウイチ
「満点の星よ!大地よ!オレをしっかり支えてくれ。この身を忘れるなよと、 ・・・ああ、忘れるもんか。この狂った頭に記憶が残っている限り・・!」


オオクラ
「明日からは、凶器という衣装にこの身をを包み

裏切り者には死を・・・」


コウイチ
「・・・そのとおりだ、裏切りモノには死を。」

オオクラ
「違う・・・ 違う!あれは事故だったんだ!許してくれよ、・・・コウイチ!」

コウイチ
「生か、死か、それが問題だ・・・。 どちらが男らしい生き方か。このままじっと我慢して、忍耐の日々を送るのと、復讐という絶望的な行動に走るのと、いったいどちらが・・・?


・・・できれば、このまま永遠の眠りについてしまいたい・・・!

いや、眠れば夢を見る。恐ろしい悪夢に悩まされる。眠りにおびえる俺、なんというな避けない魂の持ち主なんだ!この汚らわしい身体、ドロドロに溶けてしまえばいい!」




コウイチ・オオクラ、離れている距離からお互いを向き合い、目を合わせる。

2人
「立派な父上だった。」



オオクラ
「その父上に比べれば、叔父は悪魔。裏切り者は叔父・・・!


  ハッ・・! として・・・


 ・・・裏切り者?裏切り者が、コノカンパニーの中に?!


コウイチ、待ってくれよ! ・・・コウイチィ〜!」


しかし、コウイチは振り向かず、去ってしまう。





★ヤラ、リチャードIII世に扮して、登場。

 ヤラ君の熱演が光ったシーンでした。そして、シェイクスピアという名作の劇中劇の中に、SHOCKストーリーの出演者の心理をうまくリンクさせていることにも関心してしまいます。

  が、じかんの関係(?)で、ちょっとスピードUPしますたらーっ(汗)

・コンプレックスの塊だったリチャード。そのコンプレックスを彼に与えた世の中に対する鬱憤。もともと野心家だったところにそんな心情もあわせもち、卑劣な行為を繰り返して王になったリチャード。
・アン(リカ)に自分を殺してくれ、と言うリチャード(ヤラ)。

コウイチ
「オモイオコスガイイ!私を刺したあの日のことを、絶望して死ねェ、明日はお前の魂の上に重くのしかかってやる。絶望してしねぇ・・・!!」

オオクラ「やめろ、やめてくれよ・・・!」

 ・・・お前の謀略を受けた我々の呪いを受け、お前の犯した罪の恐ろしさに、震え上がりながら死ねェェ〜! その身には血生臭い死のみ現れるがいい!」

ヤラ
 「馬だ、馬をくれぇ!   ・・・・    ・・・何を恐れる?おれ自身を火?オレはおれだ!ここには人殺しがいる、このオレだ!オレは俺を憎んでいる。数々の罪を犯したこのオレを。オレが死んでも哀れむ者は一人もいない。当たり前だ!おれがおれに哀れみを感じていないのだからな・・?!」

しかし、
コウイチ
「オマエにふさわしいのは地獄しかない!」


★ロミジュリ。

 激しい演技をしていたコウイチが、うるわしい王子に急変身。周りの空気感まで変わっている。
 今年も美しいシーンでした。


romijuri2005.JPG

 (↑ 注:2005年photo です)



  <思い出しTIME>



 (↓2008年 photo No. 11)
koichi 11.jpg







●シーン変わって、オオクラがひとり、寂しげにピアノを弾いている・・・。

 ここは時間を割き、オリジナル文章で書きたいところですが
 見たほうが早いとも思うので、動画(Youtube) こちらでどうぞ。(無念・・・)
 (見たくない方は、脳内再生した後、次へどうぞ。
  また、このようなものを推奨しているわけではありません)



●リカが来た・・・。・・・女性に対して、頼りないオーナー姿を露呈するわけにもいかず(←ちょっと脚色w)
 なんとか起き上がって、リカに話しかけるオオクラ。

 「リカ・・・。お疲れ様。ごめんな、今日も客が少なくて。このごろ、オレの舞台に光一が立っている夢ばかりみるんだ。去っていったヤラまで。オレ、いったいどうしちまったんだろ。あれから1年たつっていうのに。」

 リカ、悲しそうに、「あのね・・・。」 コウイチの死を告げようとするが・・・。


 マダチ登場。
「オオクラ〜、もう楽屋の電気、消すぞ。」


「ああ、ありがと。」 オオクラ、去る。


言えなかったリカも、その場を離れる。




誰もいなくなったピアノの部屋。




ガラガラガラ・・・。


さきほどもいた掃除夫たち。

ヒゲを生やした掃除夫が、掃除用具の入ったカートを押して、やってきた。













 「ただいまぁ〜!!!(ニカニカわーい(嬉しい顔))」

 
 掃除用具入れから、座長登場に、客席「おぉ〜!」と拍手&笑い。 
 結構いつまでもカートに入ったまま(w
 よいしょ、と、ちょっと高めのカートから出てくる。時には掃除夫さんに手伝ってもらいました。


 「あ、マリオひらめき

 まさるさん、座長の遊びに付き合って、スーマリのマネとかもしてくれて、今年も本当に楽しいひと時・想い出を有難うございました。

 「せっかく帰ってきたんだから、大歓迎があっても良いんじゃないでしょうかねぇ。
  ここ、お化け出るって言うからな。怖いぃ〜(ブルブル)」

 「それにしても、劇場がサビれてるな。



  ・・・ ひらめき ・・・



 なんだ 目 、あの布かぶってるのは。・・・こんなのあったか?」



 バサッ。(布をはぐ)



 「オレの、銅像???」


dozou.jpg



 手でくるくると、行儀よく布をまとめながら・・・


 「よく出来ているなぁ。。。」



 何気に、銅像に触れると・・・・


 ”SHOW MUST GO ON!!”


 「銅像が喋ったぁ〜!」


zacho touches dozo.JPG


 てなわけで、

 SHOW must ・・・・ コウイチ 「ゴーオン!!」

 「シュッダッシュ(走り出すさま)」  「シュッダッシュ(走り出すさま)

 ・・・・・(笑)。


 今度は、手をグルグル、ひじを曲げずに扇風機のように回して銅像にタッチ!
 「ショショショショショショショショショショショショsh!!!」


猫じゃらしのように、銅像で遊びほうけていると・・・




物音に気付いたリカが戻ってきた。「誰かいるの??」





「あーーーーーーーーっ!!!!!!」



<2/14、2/24夜の部の合体バージョンでお送りします。>

首がもげるような開脚後転!!


起きだして・・・・。


「ママミアママミアママミアッ♪」(←少しドレミファソラシドの音程に似ているが、それとも断定できないような意味不明な感じ)と言いながら上手にはけ、

「ママミアママミアママミアッ(ドシラドファミレドと落ちていく)」と言って戻ってくる。

 ・・・・リカ。

 あまりの座長の壊れっぷりに、笑いがこらえきれなかったのか(考えてた演出かもだけど)、今度はリカがピアノの後ろにはけてしまう! 客席爆笑&拍手! 


・・・そしてしばらく戻ってこない!



やっと戻ってきて・・・

 「どした?イヤなの?」と、座長。客席爆笑。
 「お前、どっからどうみても光一だろ?」

リカ「さっき、看護婦さんから・・・・」言おうとするが。

コウイチ、ピアノに座って「看護婦さんといえば。・・・可愛い看護婦さん、いたのかな?記憶があいまいでなぁ。オレ、どれくらい入院していたんだ?」

 「・・・1年よ」

 「そんなに?不思議だな、どーのこーの(←忘れた)」

 コウイチにペンダントを渡すが、(その手の冷たさにさに、動作がとまる。)

 暗いリカに、座長
「なんかイヤだな〜、さっきから。嬉しそうじゃないね〜。久しぶりなんだから、明るくさ、例えば後ろから「おかえりー♪」とか、明るいテンションでイイと思う。」

「もうどこへも行かないで!」
座長「オオー、キタァ〜♪バカおめえ、どこへも行かな・・・」

マチダたちに見つかる。
また長い言い訳。「ママミアママミアママミア」も忘れず、いちいち覚えてちゃんと言える座長すごい!んで、また横回転だったそうです。

 言い訳の一例(2月14日バージョン)
 「うーん、驚かそうと思ったんだけど、誰もいなくて、そうしたらそこにマリオがいたんだ!テレッテ・・・キノコがでっかくならない!自分がでっかくなっちゃって・・・。それは置いておこう! あのー、そうだ、銅像で遊んでたら、リカが来て。この銅像はな ・・・そんなことはどうでもイイ! この状況を説明しなきゃいけないんだな・・・

 もっと色々言っていた気がするけど、そんな感じで、自分が登場してからこれまで起こったことを、いちいち時系列に、おしゃべりなおじいちゃん風に長々と語ってました。

 「よくしゃべるな、俺!」 会場から拍手。

 「回る技を考えてたんだよぉ?」 例のリカと一緒の横回転。「 トーウ!」と、二回繰り返してました。
 「ダメだ。この技はボツかなぁ。。。 またもう一回(経緯を)説明しようか?」 ←爆笑。

 「うそだよな?」「夢じゃないよな?」といいながらもMAも爆笑。

 「ケガは大丈夫・・・?」に、「オメー、あんだけ喋ったんだぞ〜。大丈夫だろ〜ww?」とコウイチ。

 「もう、こんな元気。サルゥ〜。」と、元気アピール。両手を広げて、手をグルグル。ここではみんな普通。

 それから、今度は両手を前に出しての、手グルグル。「カモン!サルコゥ!!」

☆マーチン、誉めてもらうために「はぁぁぁ〜」と思いっきりタメてグルグルグルグル♪客席から拍手。ヨネハナも同様に。「2人とも最高だよ。」

☆「おい、そこの緑、お前、何やってんだ?」(←東北弁風)
「腕が・・・痛い・・・(><)」

オオクラやり直し。コウイチ、「カモン!」とオオクラに気合を入れる。
ビエーン、と、半泣きオオクラ、やってみる。

「なんで、こんなになっちゃうの、お前、情けないなぁ、随分と。・・・ボソッ(ちょっと太っちゃったんじゃない?)」
それ以上言わないで・・・!という、懇願するような表情を向けていた大倉君でした(えーと、これは確か20日)。

☆銅像に向かって、「(シェイクスピア)やってんだけど、うまくいかなくて・・・」と言うオオクラ。客席から笑い。お前、誰に話しかけてるんだ?と突っ込み。

★その後の流れ、ステッキダンスも素敵なシーンですが、あいにく、こちらもヘンな画像があるので、こちらからどうぞ



★「ヤラはどうしてる・・・?」


 他メンバーは、あんなことがあった劇場でSHOWを続けられないと、オフに戻ったが
 

 「ヤラがショウを続けている・・・exclamation」 反応するコウイチ。

 ヤラは、オンで頑張ってショーを続けているが、そろそろクローズするらしい。
 あまり幸先が良くないヤラに、カツを入れるため劇場に行くことにした。


★オンのヤラたち。

 ”Hey watch me now ! Hey 世界が〜
 Hey ! 歓声を上げたがってる 〜 るんるん


       ・・・・・・・・

 証明してみせるーぅ わっち ミぃ なゥ 〜”




★ONの劇場に着くマチダ、ヨネハナ。何気にリカも後をついきていて、止めようとするが・・・。
 OFFに戻ったマチダたちに、冷たい態度のMADたち。

 そんなところに、コウイチ客席から颯爽と登場!
 
 音楽がかかる。

 「ヤラ、また前みたいにオレたちと勝負しようぜ・・・・!」


to be continued・・・

★SHOCKを応援する当ブログへの応援も、本当に有難うございました。

ジャニーズプログランキング
ジャニーズブログランキング
posted by penpen1016 at 04:55| Comment(2) | TrackBack(0) | Endless SHOCK 総合的なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。